<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9/19 JUNK!JUNK!JUNK!∞2010(倶知安) | main | 10/20 HAPPY ROCK'N'ROLL DAY! 10.20!(下北沢シェルター) >>

9/25,26 Tessy二人語り(名古屋 Breath)



このライブ、「テッシー二人語り」ってサブタイトルついてますが、文字通り「弾き語り」の意ではないのです。「弾いたり<語ったり」なのです。(笑)
三時間近いライブの大半がトーク。
語り(と演奏)のお供は、お弟子さんでユニットを組んだりもしてるフッジーさん。
そして、ユニの時の口下手っぷりがウソのように、生き生きと語るテッシーさん。
ホントはおしゃべり好きなのねえ。
ソロの時のMC(トーク?)は、会場の広さに反比例して気も大きくなるのかわりとギリギリな話題が多く、そして内容も濃厚です。(笑)
特に、彼の口から語られる、愛溢れるユニネタはそりゃあもう逸品で、これがあるからテシライブはやめられないのです。
今回もレアな話題が出ましたねえ。
ユニな裏話とか、裸の太陽&晴天なりの裏話とか、ちょっと泣けるいい話とか。

そして演奏。
ご本人もそう言ってましたが、テッシーのアコースティックライブって珍しい。
歌うこと自体珍しいのですが、半年ほど前から歌に目覚めたということで、今回のライブは全曲歌付きでした。
でもってギターがね、新しいやつだったらしいです。
YA☆AHAの黒のエレアコ。
名古屋の少し前の八王子が初弾きで、今回が二度目三度目。
お気に入りらしく、またユニでもお目見え予定だそうですよ。
二日間のライブで私は両日参加でしたが、喉もギターも明らかに二日目の方が調子良さげでした。特に歌。二日目のが伸びもよく、ちゃんと高音が出てましたね。
歌がノッてるとギターも調子出るのか、演奏も二日目は神がかってた。
バンドの時のエフェクター通したのとは違う、ギターのみの生音。
巧みな指さばきに見惚れ、その音に自然と引き込まれます。
ギターのテクとか良し悪しとか分からないけど、単純に素直に、やっぱテッシーすげえ!と思いました。
そして思うわけです。ライブは一期一会だなァ、って。
一回一回すべてが違うから、何度でも行きたいと思ってしまう。
だから可能な限りはまた行こうと思うのです。

以下ライブ詳細。色々ネタバレあり。
明らかに「ここネットで書いちゃダメ」て言ったとこ以外は私判断で失礼します。
 
名古屋のライブはだいたい二日間。
土曜の方が人が多かったですな。
日曜は土曜が一気に出ちゃったので急遽追加とかで、人も少なく、いつもにまして適当感漂う雰囲気。飲み食いしながらのマッタリライブ。贅沢ー!
まあ、もったいないので私はかぶりつきで観ましたけどね。
特に二日目のテシさんは良かった。
一日目よりノドもギターも絶好調!ギターソロもチビるぐらいヤバかったー!
そして二日目ラスト、まさかのアコースティックなオッサン☆
二日間行って良かったなあと思いました。
だからテシソロは油断ならないんだぜ☆


でもって、印象に残ったMCをいくつか。
たぶん二日分がまぜこぜです。
やっぱり、ユニネタが熱い。
テシさんのユニコーン愛がひしひしと感じられます。

カレーネタ。
ユニでは大阪行くと必ずインディアンカレーを食べるのが恒例。
しかしテッシーと阿部さんは辛いの苦手。
お子様味覚なテッシーは、カレーの王子様レベルの辛さ(もはや甘さ)しか受けつけないので当然断るんだけど、阿部さんはなんとか頑張ってついて行くらしい。
阿「スパゲティベースにして、全卵トッピングするとわりとダイジョウブよ?」
そんな、辛いの苦手仲間からのアドバイス。
テ「何でそんなしてまで食わなきゃいかんのかという」(笑)

今年の夏フェスネタ。
本当は倶知安とSMAの二本に全ての力を一点集中な予定だったとか。
そんなスタッフの提案に、(去年のフェスラッシュはEBIくんがやりたいって言ったことで丸く収まっていたんだけど、今年はそうなりたくない)EBIくんも、他メンバーも何も言い返さない。
そんなバカな事がまかり通ってたまるかと、水面下で動くテッシー。
今年の月2フェスはテッシーのおかげなのです。よかたよかた。

アクエリ曲持ち寄りネタ。
阿部さんと民生さんとテッシーはちゃんとしたのを持ってきた中、川西さんは忙しいのを理由に持ってこなかったらしい。
EBIさんの持ってきたデモ4曲の仮タイトルは、「魔王1」「魔王2」「魔王3」「魔王4」
メンバー「何エリアスだよっ!(即ツッコミ)」

SDRっぽい、おどろおどろしたパンク的な感じだとか。
「たぶん次のアルバムに入るんじゃない?」とテッシー。
(色んな意味で)期待が高まります。(笑)
阿部さんは完成度の高いデモを持ってきてて、そのまままるっと「晴天なり」というタイトルでレコーディング済み、とテッシー明言。
民生さんは、いつもはカンペキな状態のデモを持ってくるのに、珍しく弾き語りのみのぶつ切りデモを持ってきたと。それとテシデモを自宅にお持ち帰りしてミックス、後日持って来たのが「裸の太陽」。
ちなみにテシ曲は、サビ部分を間奏部に利用。
テッシーのいない時に一度レコーディングしたものの、やっぱり全員揃って録らないとねと、もう一度全部録り直したエピソードはファンの間では有名ですな。

昔のユニコーンでも色んな曲作ってて、でも中にはライブではできないねえという曲もある。その一つがPTA。
なのに、再始動後はライブでやっちゃうことに。
リズムの二人がやることないから、(思いつきで)じゃ、ラップやる?ってなって、しかし回を重ねるごとに上手くなっていくラップ隊。
テ「ヘタクソだから面白いのに、上手かったら面白くもなんともない」(笑)
しかも、当てふり&川西センター&ラップで、まさかのTV出演。(HEY!×3ネタ)
テ「PTAをツアーでやったことによって、当てふりの魅力に取り付かれて・・・(笑)」
昔はこだわりもあって、カラオケで番組出るなんてありえないと思ってたユニさん。
しかし再始動後はそんなこだわりもすっかりゆるゆる。演奏する気ゼロ。(笑)
南極料理人の衣装で出演のHEY!×3収録後のエピソード。
テッシーの後ろを歩いていた民生さんがぽつりと。
民「テッシーあれ、ズボン反対じゃね?」
裏表が反対なだけでなく、前後も反対だったり。
民「何一つ合ってないじゃないか!」 爆笑!

仲良しユニさんネタ。
フェスとかで時間があると、鼻毛が飛び出てたりヒゲの剃り残しやらないかお互いチェックし合うオッサンたち。なにそれ、可愛すぎる。
そしてメイクびっしりするのはEBIさんだけ情報も。
パフィツアーで香港に行ってた川西さんを心配して電話したテッシー。
出なかったので留守電入れたら、「電話くれてありがとう」と川西さんからメールが。
テ「気持ち悪いわ!50と47のオッサンがメールのやりとりで、ありがとう!とか」
そんなこと言いながら、何だか嬉しそうなテッシー。
テ「間違えて消しちゃったけどね」
照れ隠しなテッシー。(笑)
川西さんのメールには絵文字が入っていたりするそうです!(トキメキ情報)

広島ライブがBBと被ってるネタ。
BBが5時からなので、テシさんの出演順を最後にしてもらって(対バンなので)、ハシゴしてもらおう作戦を立てているとか。
テ「俺らと違って(BBは)あんましゃべらないでしょ?三時間ぐらいあれば終わる?」
客「しゃべりまくります」(笑)
川西さんは「一緒に打ち上げできるね!」と喜んでいたそうで。(ぷぷ)
その流れで、最近の若者ネタ。
ローライズでパンツ丸出してるスタイルが理解できないテシさん。
テ「最近川西さんの息子の嵐丸ってのが良く現場に来てんだけどね、アイツもちょこっとパンツ見せてるんだよね。で、ん?と見たらオヤジも出してんだよ。なんだ、あの親子は!」
ハイ、オヤジの赤いおパンツを目撃したことがあります。(笑)


そういえばやたらと多かった、民生さんネタ。
フェスやツアーでの選曲のとき、昔は真っ先に「(大迷惑とか)やんなくていいんじゃない?」と言ってたのが民生やテッシーだったのが、最近では他が「いいんじゃない?」というのを、「いやいや、大迷惑はやっとかなきゃダメだろ」と止め役になっていると。
テ「彼も大人になったんですな。アイツが一番変わったんじゃない?」
デビュー当時はまつげバシバシだった分、オッサン度が目立つとかなんとか。(笑)
その流れで、EBIさんが一番変わらないという話。
テ「でも最近彼はワイルダーになっちゃって・・・どうしたの?あれ(笑)」
SDRと対バンの時フッジーさんが、「ワイルドじゃないっスか!」といったら「そう?(ちょっと得意げな感じ)」と言ってたらしい、EBIさん。
フ「や、あれは本人も相当気に入ってますねー(笑)」

テッシーには「バーボンをストレートでかっ食らう(実際は呑めない)」、「ジーパンとブーツのまま風呂に入る」、「火のついたギターを谷底に投げ捨てる」というハードすぎるイメージがあるらしい。(笑)
若い時にとんがってた時のイメージが定着しちゃってるんでしょうかね?
今の彼にはそいうイメージ皆無ですが。
時々ネガティブな自分が顔を出してしまうテッシー。
民生さんに「こんなにネガティブだとは思わんかったよ!」と言われて、ちょっと嬉しかったというテッシー。もっと前向きに考えなよ、という、民生さんお得意の裏返しワードの一つですな。
そんな民生さんの言葉に何かと助けられているらしいテッシーさんです。

そして今回のライブ、最大の泣きどころ。
テッシーのスーツケースは、大中小とリモワで揃えてるらしい。
リモワといえば、川西さんや民生さんも持ってる結構な値段するやつ。
去年のツアー序盤では、5千円ぐらいのボロいやつを使っていたテッシー。
それを見た民生が、「そろそろいいヤツ買いなよ。これからいっぱい旅するんだからさあ」と言ってきたんだそうだ。
決して直接的な言葉は使わない民生さん。
でもその言葉の裏側に、「これから(ユニとして)ずっと一緒に旅するんだから」という彼なりの優しさを感じて、不覚にもグッときたテッシー。
泣けた。
テッシーの真ん前でマジ泣きした。

これは二日目MCだったか、他バンドを引き合いに出して。(ヤバイのでオフレコ)
テ「いやあ、俺は奥田民生でよかったなあ。ユニコーンでよかったなあって思って・・・今は頭痛いっていったら、みんな心配してくれるんですよ。優しいんだよ」
皆分かってるんだって。ちょっとぐらい痛みは我慢するテッシーが、痛いって言うってのは相当痛い時だってことを。
テ「今は、すごい分かり合えたいいバンドになってる・・・これは解散して16年あいてなかったらこうはなってなかったと思います。解散の時、凄い悲しんで音楽聴けなくなったってファンもいるって聞くけど・・・ゴメンね、待たしたね!って感じなんだけど、昔やってたときより良いバンドになってるから」
お互いを思いやるような関係になれるまで、16年という年月が必要だった、と。

テッシーはね、ユニコーンと私たちファンを繋いでくれる存在だと思う。
テ「こういうことはユニコーンでは言わないですよ。あれはエンターテイメントですから。せめてソロ聞きに来てくれた人には色々伝えたいと思います」
そう言って、口元だけで小さく笑うテッシー。
だから私は、色んな人たちにテッシーのライブに行って欲しいと思う。
本当は、テッシーの生の声、生の想いを、その場所で聞いて欲しいのです。
これブログに書かない方がいいのかなあと思うこともあるけど、レポ見た人が「行ってみたいなー」と思ってくれたらいいなあと、そんな気持ちで書いてます。

「ユニコーンはもう解散しません」
この言葉を、何度でもはっきり言ってくれるテッシー。
ありがとう。
みんな、この言葉を自分の耳で聞きに行ってください!



以下、私的覚書き。
Breathは、オリジナルメニューのご飯も楽しみの一つ。
テッシーネタ満載のメニューも面白いのです。
一日目のご飯。山岳セット二合目。
肉巻きオニギリ(絶品!)、サラダ(生ハム添え)、ペンネサラダ山盛り。
二日目のご飯。山岳セット三合目。
肉ちまき、肉巻きオニギリ、サラダ(しかしハンバーグ添え)、ペンネサラダ山盛り。
肉肉肉な相当ボリューミーなセット。
登り切ったぜ!(注:ライブハウスです)
| 02:30 | ライブ・イベント | comments(2) | |

この記事に対するコメント

素敵なレポありがとうございます。
感動して二回も読み直してしまいましたよ。

顧問の話に、ジーン。(*^_^*)
優ししいんだなぁ・・。

| のりがく | 2010/11/05 9:45 AM |
のりがくさま>
いつも読んで下さってありがとうございますv
私も二度ほどマジ泣きしてしまいました。
テッシーの口から語られるユニさんたちはホント仲良しで、聞いてるだけで幸せな気持ちになれます。
機会がありましたらぜひ☆
| すず | 2010/11/06 12:40 AM |
コメントする